未分類

アントニオ猪木引退記念の名言「道」の紹介と引用元を紹介

元プロレスラーで参議院議員も務めたアントニオ猪木さんが死去したました。

79歳だった。

力道山にスカウトされ1960年(昭35)

日本プロレスでジャイアント馬場さん(故人)とともにデビュー。

72年に新日本プロレスを旗揚げ。

89年には参議選で初当選した。

近年は腰の手術に加え、心臓の難病「全身性アミロイドーシス」も患い、

入退院を繰り返していた。

今回は、様々な名言の中で私が今直面している心境を表した

名言「道」を紹介します。

アントニオ猪木 『道』

この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし

踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる。

迷わず行けよ 行けばわかるさ。

「道」と題されたこのアントニオ猪木の有名な言葉は、

1998年4月4日に東京ドームで実施された引退記念試合後のスピーチで

アントニオ猪木が披露した詩です。名言「道」

引退記念試合のスピーチで披露するほど名言「道」。

猪木にとっては「自分の人生そのものを表すような大切な言葉」

だったと思われます。

この名言「道」は、

プロレス入団、アメリカ武者修行、新日本プロレスの旗揚げ、

プロレスこそ全ての格闘技の頂点である。

最初の異種格闘技とも言われている世界チャンピオンのモハメド・アリとの

格闘技世界一決定戦

誰も踏み出さなかった一足を踏み出し、自ら道を作り続けたアントニオ猪木の人生

アントニオ猪木そのものを表現していると思います。

名言「道」の勇気

勇気を出して突き進もう。

ハメド・アリとの格闘技世界一決定戦

これこそがアントニオ猪木の勇気だと思います。

名言「道」の行動

湾岸戦争直前にイラクへ単身で乗り込み、アントニオ猪木さんは

誰もできなかった人質解放を実現

平壌でプロレスをメインに捉えたイベント。

平壌国際体育・文化祝典を開催

アントニオ猪木さんは、このような行動で人質解放や

スポーツでの世界平和を訴え行動した。

名言「道」の引用元を紹介

一休宗純の言葉と思っていましたが、

清沢哲夫の「無常断章」に収録されている「道」という詩を

流用したものです。

まとめ

今回は、2022年10月1日に亡くなられたアントニオ猪木さん

名言「道」の紹介と引用元を紹介させていただきました。

私の今の状況にも似た、名言「道」

この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ、危ぶめば道はなし

踏み出せばその一足が道となり、その一足が道となる。

迷わず行けよ 行けばわかるさ。

勇気を持って一足踏み出そうを思わせてくれました。

 

 

ABOUT ME
kazukun2
ようこそお越しくださいました。 管理者の”かずmixblog”と申します。 「助かりました!ありがとうございます!!」と 読んでくれた人がお得になって喜んでもらえるような情報を発信しています。